木材加工・販売

杉の木精ロゴ

「杉の木精」は、杉本来の美しい木目と柔らかい肌触りを活かしながら、表面硬度を熱圧縮により高めた圧密強化無垢フローリング材です。

han2

木材の加工・販売、
内装材まで
工芸社・ハヤタにおまかせ!

豊富な資源である国産材のスギ、ヒノキを、角材、板材中心に、カット販売致しております。加工性の良さから、建築用途の他に家具木工用途にもご利用頂けます。 針葉樹合板は、壁や床への下地材を主な目的とした建築構造用の合板です。

工芸社・ハヤタは、
中大規模建築だけではありません。
木材建築に関わる、
あらゆる木材の加工・販売が可能です。

私たちは木材の特質を知り尽くしたプロフェッショナルとして、選び抜いた高品質な素材を皆様に提供します。数十年木材卸の業務で培ったノウハウの蓄積はもちろんのこと、いつでも安定的に木材・建材を供給できるよう、品質の向上と適切な管理に努めています。

板の種類
p8_2-2

乾燥した杉板材を熱圧縮装置(高圧ローラー)により、加熱・圧縮加工し、フローリングに求められる「表面硬度」「耐摩耗性」を高めました。

p8-14-2

工芸社・ハヤタの熱圧処理法は、
独自の技術で「杉」の弱点を無くします。

1.熱圧処理法で「表面硬度」「耐摩耗性」を高めました

2.無垢材は、床・壁・天井・枠(窓枠・開口枠)など何にでも使用可能

3.「杉の木精」シリーズの素材“杉”の特徴

●杢目がきれいに浮き上がり、優雅で高級感を醸し出します。
●自然素材を活かせます。
●表面が硬化され、キズが入りにくい。
●化学物質を使用していないので、件酵素剤として最適(アトピーなどにも最適)。

杉材部の製油成分(テルペン類)の作用

muku

圧密強化無垢フローリング
「杉の木精」のできるまで〈製造工程〉

p8-15-2
工程2